コインチェックはPLT(パレットトークン)を買える国内で唯一の取引所

momoko-vol21DeFi

こんにちは、はぴとです。

今日はもはや老舗となった
暗号資産取引所「コインチェック」の
メリット・デメリットを解説します!

わかりやすく、シンプルに行きますね。

まずはメリット

今はこれがイチバンの理由!

題名にもありますが、

ポイント

PLT(パレットトークン)を国内で唯一、
取り扱う暗号資産取引所が「コインチェック」

だからです。

「パレット」は日本発の国産ブロックチェーンで、
そこで利用されるのがパレットトークンというわけです。

「パレット」は、漫画・アート・音楽などの
クリエイティブに特化したNFTプラットフォームで、

最近ではNFTゲームの分野でも
にわかに注目をあびはじめています。

そんな背景のある「パレットトークン」を
いちはやく取り入れた取引所が
コインチェック」なんですよね。

ほかにも、

  • The Sandbox、Decentraland、Otherside などメタバースの土地を取り扱っている
  • CeFiとしてのNFTマーケットプレイスは、新規ユーザにとってかなり親切

などなど、
web3・メタバースに力を入れていて
企業の本気度がうかがえます。

信頼できる取引所なの?

コインチェックは2018年に
有名なハッキングの被害にみまわれ
当時おおきく報道される事件となりました。

でもそれをバネに
セキュリティ体制は強化され
逆に今は安心して使える
暗号資産取引所となっています。

いまでは東証一部上場の
マネックスグループに入っていますし、

アプリダウンロード数No.1となるほど。
もう十分信頼を回復しています。

ぼく自身いつも思っているのは、

見出し

仮想通貨をウォレットで個人管理するより
コインチェックのような取引所の口座にいれておいたほうが
ハッキング被害にあう可能性はぜんぜん低い!

ということです。

デメリットは?

少額の現金や暗号資産を
コインチェックから出金するとき
手数料がまぁまぁ割高なんですよね。

ただ先述のメリットが大きいので
それとのバーターという感じで
考えるようにしています。

現金や仮想通貨をうごかすとき
その手数料をいかにおさえるかは
ユーザーにとって永遠の課題。

手数料は変わることもあるので
国内の取引所の口座をいくつか開いておく
というのが鉄板ですね。

まとめ

まだまだ日進月歩のweb3業界。

なるべく早いうちに慣れておいて
先行者優位を確保したいところ。

その入口ともいえる国内の
暗号資産取引所の口座を
まだもっていないという人
なるべく早くやっておきましょう。

本人確認など
そこそこ時間がかかる
ケースもありますので!

コインチェックのサイトはこちらから:

コインチェック

コインチェックはキャンペーンもお得なことが多いので、お見逃しなく!

タイトルとURLをコピーしました